一陸特|第一級陸上特殊無線技士|受験者救済センター|JEReC

デシベル計算から学習をスタートした場合

◆合格者の比率は、平均34.0%です
デシベル計算から学習をスタートした場合

「デシベル計算」は、広義には「無線工学」の中の一部と言えます。
ここでは学習の順序を明確にする意味から、「無線工学」の中から「デシベル計算」を抜き出して一つのジャンルとして扱うことで、学習プロセスの効果を考察します。

「無線工学」に着手する前に、もしくは着手して割と早い段階で「デシベル計算」をマスターした場合の統計データです。合格者比率が他よりも極端に高い値となっています。
原因は明らかで、「無線工学」の項で説明した通りです。
「無線工学」の中で「デシベル」にまつわる問題が多数出題されるためです。

一陸特の勉強に着手する場合には、何はともあれ、まず「デシベル計算」をしっかり系統立てて習得するべきです。

デシベル計算から着手した場合(34.0%)

合格者比率 学習順序
39.5% デシベル計算 → 無線工学 → 法規
28.4% デシベル計算 → 法規 → 無線工学

↑ PAGE TOP